髪にまつわる法律の話

髪にまつわる法律の話
ブログでも書いていますが、髪の事で知って頂きたい事です。
髪のために「最低限」知っておきたいこと
傷んだ髪は治らないそれは死んだ細胞だからです。
カラー剤は医薬部外品は大なり小なりダメージを負うものです。
ヘアケア製品には髪を清潔に保つだけでそれ以上の効果はない
化粧品は法律では主には「カラー剤」
半永久染毛料・一時染毛料や一部のシャンプーなどを指します。
医薬部外品?化粧品?
商品の外箱に配合の種類が沢山書いてあります。細かすぎてわからな
い方が多かも成分表示の下に記載されている事が多いかと思います。
「医薬部外品(薬事法第2条第2項)」を調べてみてはいかがですか?
簡単に、
医薬部外品は、薬剤の効果で何らかの変化(ヘアカラーなど)をもた
らしたり、防止・衛生を目的としたもので、医薬品に比べ効果・
効能が比較的緩和な物。
化粧品は、清潔にする、美化する、魅力を増す(メイクなど)
といった事を目的としたもので、医薬部外品に比べ効果・効能が
比較的緩和な物。効果・効能の強さにより分類され、強い順に
医薬品>医薬部外品>化粧品となります。
ありえないこと!!
髪は死んだ細胞で蘇る・修復する・治るは有りません。ましては最強に傷まない縮毛矯正などあり得ません。
医薬部外品なのか、化粧品なのか市販のカラー剤はダメージレス・
傷まないといったことが書いてあるかどうか?
カラー剤であれば傷むことは間違いないですね。
化粧品に分類であれば補修効果は有りませんが補修効果を期待する
のであれば医薬部外品があ良いかもしれません。
少し気にして色々見てみると面白いすね。

関連記事

  1. 「髪」されど髪!!「しっとり・サラサラ-W」コース

  2. 髪は減点法で痛よ!!このビビりは直せます。「しっとり・サラサ…

  3. 潤いをして頭皮の保護をしましょう。「しっとり・サラサラ-」コ…

  4. クセ毛の思い。

  5. 髪質改善とトリートメントの違いは?「por+しっとり・サラサ…

  6. 縮毛矯正をしている人の一番の天敵は