どのくらい施術の期間

縮毛矯正・髪質改善メニューご来店、カウンセリング後に金額をご案内いたします。ご質問,ご予約はお電話にて受け付けております。お気軽にご連絡ください。
縮毛矯正にお困りの方は是非お越し下さい。縮毛専門歴40年以上、症例5万件以上。薬剤もメーカーと共同で開発しております。その中で、わかった事が、お客様のなりたい姿を丁寧にお聞きし、形にしていくこと。工程にトリートメントを入れることで驚きの仕上がりになります。特に常連の方達にはもう何年も何十年も通っていただいております。あなたの大切な髪を一本一本丁寧に施術致します。
回数を重ねるごとに髪が強く、美しくなる独自の技術です。2022年、4月よりこの技術をより多くの方に施せるよう、チーム体制を変え、40年営業しておりました高円寺より銀座に移転、リニューアルオープンいたしました。
またメニューもトータルビューティーを目指すべく、髪の育毛、まつ毛の育毛、小顔になり自律神経を整えるヘッドスパなどを取り入れる運びとなりました。
ご質問、ご相談はお気軽にお問合せください。営業中対応できない場合は折り返しご連絡させていただきます。
お悩みが改善されない方お待ちいたしております。

水野豊


どのくらい施術の期間


縮毛矯正かけてから、次かけるのは、どれくらい置いたほうがいいのでしょうか縮毛矯正でもカラーでも同じ事ですが、髪を傷めない為にはできるだけ期間は空けたほうが良いでしょう。
もちろん回数をこなせばこなすほど傷みは進行します。
1度傷んだ髪は、いくら時間をおいても痛みは傷み変わりません、
手入れが仕方が悪いとさらに傷みが進すむし事もあります。
期間をあけたから大丈夫という事にはなりません。
傷みがある個所はできうる限り、縮毛矯正、カラーなどの薬剤は使わない事です。カラーの施術方法としてリタッチ法(根元のみ)
この方法ですと期間は関係ありませんよ。
1か月後でもOK、6か月でも1年でもかまいません薬品を付ける箇所がですね
2センチなのか4センチなのかの違いです。
根元のみなら期間は関係ない。
出来るだけ既施術部分の回数を減らす為に薬剤の選定が大切です。
前に傷んでいる所まで施術するなら、半年後でも1年後でも危険です。
時間が経過しているから大丈夫という事は全くありません。
ハイライトをの縮毛大丈夫かな。
ハイライトにすると、その髪は極端に毛髪強度が低下しています、
子の髪は時間に関係なく、明るい部分は髪が伸びて取れるまで、弱ったままです、1年たったから大丈夫と言う事にはならなりません。
傷んだ髪は直らないと言う事。
矯正、カラーする時は十分な注意が必ず要です。
これから縮毛矯正するようでしたら、出来る限りハイブリーチ等はしない事です。

  

関連記事

  1. どんな髪質にオススメ?

  2. お月見

  3. 毎日のケアで

  4. 【コロナウイルス対策】消毒設備を整えております。感染予防の為…

  5. 避けたほうがいいこと

  6. 切れ毛をなくす。