髪に負担がかかる行為

髪への負担を減らす!!


・髪に負担がかかる行為
・・ドライヤーの正しい使い方
髪に負担をかける事は意外と多いんです。それは
髪に負担がかかる行為
ゴシゴシとタオルドライをする
髪を乾かさずに寝る
雑なブラッシングをしてしまう。
度々にアイロン、コテをを使う
カラーリングやパーマを頻繁に行う
トリートメントなど、髪を守るケアを十分に行うことで、枝毛・切れ毛リスクを減らすことができます。
ドライヤーを正しく使う
ドライヤーの熱により髪の傷みが進んでしまう事も。
ドライヤーの正しい使い方
優しくタオルドライを行ってから、ドライヤーを使う。
髪を熱から守るミストなど使う。
頭皮を乾かすように全体にドライヤーを当てる
最低15cmほどは離して乾かす
上から下に向かって熱風を当てる。
仕上げは冷風でキューティクルを引き締める
美髪を目指すなら毎日の習慣に注意してください。

関連記事

  1. 冬の乾燥によるパサパサ髪?! 3

  2. 広がり

  3. 髪をブラッシングするタイミングです。

  4. ちりちりぼわぼわくせ毛の縮毛矯正「しっとり」コース

  5. 財布修理が出来ました。

  6. 懐かしい!!