銀座よりお友達二人でご来店です。    傷み傷みまくるとやばい!

傷みまくるとやばい!

ラボーテ  https://la-bote2.wixsite.com/sakura1951
料金メニュー https://la-bote2.wixsite.com/la-bote
商品メニュー https://la-bote2.wixsite.com/la-bote-yutaka-mizun
予約サイト https://beauty.kanzashi.com/labote


キューティクルが溶ける!?
髪が傷んできたと感じたことありませんか?
1.パーマ・ヘアカラー・ヘアアイロンの熱
2.紫外線や外的刺激
3.お手入れ不足

これらの行動を続けてしまうと、
髪の毛にダメージを与え、ボロボロになってしまうでしょう
キューティクルの損傷とは?

1.頻度の高いブラッシング
頻度の高いブラッシングは
キューティクルを傷めたくない場合は、天然毛の方をオススメします。
2.ヘアアイロンのプレス時間が長い
ヘアアイロンを活用して髪の毛をストレートにしたり、
巻いたりされる方も多いと思いますが、
適度な温度と適度な時間を守らないと、キューティクルが溶けてしまいます。
キューティクルがダメージを受けるとどうなる?
・キューティクルが剥がれる
・枝毛・切れ毛の原因
・指通りが悪くなる
・外部の刺激に弱くなり更にダメージを受けやすくなる
・カラー・トリートメントなどが落ちやすくなるなどが有ります
トリートメントによるダメージ補修を徹底するだけでも、
キューティクルを整えることができます。
一度キューティクルが溶けてしまうと、
その部分はダメージを蓄積し続けます。
美しい髪をキープする為には、こまめなケアが大切。

関連記事

  1. 毎日のヘアケアを大切に 2

  2. 髪をキレイにするためには一定量の皮脂が必要なのです。「しっと…

  3. ドライヤーの使い方を再確認しましょう。

  4. 花粉症になったら

  5. タオルでバサバサこするのはやめて~!

  6. 髪を乾燥させてしまう  3