ドライヤーの使い方、実は間違ってるかも?

ドライヤーの使い方、実は間違ってるかも?

洗髪後、ドライヤーを使って髪を乾かしますよね!
どんな使い方をするのが正解なのかよくわからないと思いつつも、
髪を乾かしているという人は少なくありません。もしかすると、
ドライヤーの使い方間違えているかも!

皆様のご声援ありがとうございます。
7月10日より8月10日まで感謝を込めまして、縮毛矯正の料金を20%の割引をいたします。
この機会に是非ともご利用ください。
予約方法はこちらから
https://la-bote.com/archives/35268

お知らせ(店舗案内)https://la-bote2.wixsite.com/sakura1951
メニュー     https://la-bote2.wixsite.com/la-bote
綺麗な髪はベースメイクから https://la-bote.com/?p=34351
新しい提案  https://la-bote.com/?p=32080

1.髪や地肌にドライヤーを近づけすぎ
温風を髪と地肌の間近で当て続けてしまうのはNG!
髪や地肌にダメージを与えてしまう行動です。
いろいろな機能が備わっているドライヤーだとしても、
髪や地肌に近づけすぎるのはよくありません。

2.髪をとかさずにドライヤーをかける
タオルドライをしてそのまま髪を乾かしていませんか?
髪の毛同士がもつれないように髪をとかしてください。
ショート髪をとかさなくても良いですが
髪が長い場合は、
タオルドライ後に髪の毛をとかしてドライヤーが基本です。
髪をとかさないままドライヤーをかけてしまうと、
髪に大きな負荷がかかります。

3.ドライヤーを使うのは、
場合によっては無意味なことも…
ドライヤーには、いろいろな機能が備わっています。
それは目に見えるものではありません。

4.過剰に髪を乾かす
髪は生乾きのままになってしまうのは、よくありません。
髪全体が高温を持ってしまうほど過剰に乾かしてしまうのもNG。
頭皮や髪から必要な水分が飛んでしまいます

5.タオルドライせずにドライヤーを使う
髪の毛をタオルドライせずにドライヤーをかけ始めると、
髪の水分を飛ばすのに時間がかかってしまいます。
髪を乾かす前はタオルドライ必須!

ドライヤーを使うときは、
・髪とドライヤーの距離をどれくらい離すべきかを
・髪をタオルで挟むようにして、タオルドライを行う
・ドライヤーの温風を髪にあてながら、髪の間に温風がいきわたるよう
・髪全体が乾いたら、冷風を全体にかけて出来上がり

関連記事

  1. 頭皮マッサージを取り入れる!サラサラ-Wコース

  2. 乾かす・乾かす前のひと手間で

  3. ツヤ髪が手に入れるには?

  4. 朝シャンで?

  5. 髪のツヤと色の見え方ですが1

  6. 枝毛が改善する方法