まず髪の洗い方です。

自然で滑らか髪を傷めずフカサラな髪に
髪の洗い方

初めての方 ご紹介の方 2回目以後の方予約について詳しく知りたい
方はこちらをご覧ください。→ https://likuyu.jimdofree.com
■髪の状態は
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★★★☆
クセの強さ:★★★☆☆
髪の強度 :★★★☆☆
施術難易度:★★★★☆
■施術コースは・縮毛矯正「しっとり 」コース
塗布方法・5.根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く(点々塗布スルー)
放置方法・5.ラップキャップで自然放置。
放置時間・45分放置


まず髪の洗い方です。
シャンプー前にしっかりとぬるま湯で時間をかけて丁寧に地肌に指を通しながらしっかりと洗い流します。
お湯の温度は38度前後が適正です。熱すぎるお湯で洗うと必要な皮脂まで落としてしまいます。これだけで髪の汚れの8割は落ちます。
シャンプーは直接頭皮につけると刺激になってしまう為、つける前に手で軽く泡立ててからつけるようにします。
洗う時は強い力で洗うと成長途中の細い髪の毛が毛穴から抜けてしまったり、頭皮が傷つく原因になってしまいます。
ガシガシと洗うのではなくマッサージをするように優しく洗ってあげましょう。
そして1番大切なのがシャンプーのお流しです。
シャンプーの流し残しが原因でフケやかゆみの原因になっているケースが非常に多いです。しっかり流します。


最後にトリートメントです。
トリートメントは髪に栄養を与えるためのものなので、中間から毛先に付けてあらめのクシでなじませます。
10分程放置で時間をおいて浸透させます。キャップで保温するのもいいです。
トリートメントのお流しは今までのお流しと違い、滑らかさが残る程度で留めてあげましょう。
まず髪の根本を中心に乾かします。
オーバードライを防ぐこと
根本に比べて毛先は軽くなっていて、均等に乾かしても毛先の方が先に乾いてしまい、いわゆるオーバードライの状態になりパサつきや乾燥の原因になってしまいます
熱風は上から下に当てます。
ブラシでクシで全体を毛先までとかしてあげましょう。
その後、毛先を乾かしますが風を根本から毛先に向けて当てるようにしてください。


キューティクルが整い、ツヤが出ます。
髪の大敵は水分です。
髪は水分を吸収するとキューティクルが開きその隙間から栄養素が流出してしまいます

関連記事

  1. うねり!

  2. シャンプーの向きは上向きが。2

  3. ヘアカラーを退色させない。

  4. 濡れた髪をとかすと切れ毛になりやすい。

  5. 縮毛矯正後を長持ちさせるケアは

  6. 縮毛矯正後のシャンプーは。