その為に、注意したいことは。

★髪が綺麗になることを諦めていませんか?

その為に、注意したいことは。
・シャンプーをしっかりと泡立たせてから髪を洗う(摩擦)
・ドライヤーで髪を乾かす時間を短くする(熱)
・紫外線を多く浴びないようにする(紫外線)・・などなどです。
そこでシャンプーですが
泡が沢山立っていないと髪と髪の摩擦で痛むことがあります。しっかり手の平で泡を立ててから洗います。
そしてメラニン色素が抜けていかないように、コンディショナーやトリートメントを使って髪の表面を守っていってください。
今回は「しっとり・サラサラ」コースで施術いたしました。
■髪の状態は・
髪の量  :★★☆☆☆
ダメージ :★★☆☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
施術難易度:★☆☆☆☆

関連記事

  1. 髪を濡らすと手触りが固くなるのであれば、

  2. 髪の水分はその1

  3. 髪、パサついてませんか?

  4. 頭皮の汚れはシャンプーで落としてたりしませんか?

  5. 「傷んだ髪は治らない」「しっとり・サラサラ・W 」コース 原…

  6. 最近よく思う事.2