ヘアアイロン」を使うときのコツ 2

ベースメイクで
髪の内面から綺麗に!!

ヘアアイロン」を使うときのコツ 2
180℃以上の高温で使っている方も多いと思いますが、
実は温度も大事なポイント。
高温のヘアアイロンを髪にあてると、
髪の毛が火傷した状態になってしまいダメージの原因に。
低温で少しずつ巻いて、しっかりと冷ましてあげることで、
痛み防止ができるだけでなく、
スタイルが長持ちするそうです。

水野豊からお勧めの美容室です  ⤵銀座【グラフィー】
https://la-bote.com/?p=18998

関連記事

  1. 髪そのものの状態を改善

  2. ベースメイクで!

  3. 髪の毛が広がる理由・パサつく理由を知っていますか?

  4. ベースメイクで

  5. 髪への摩擦、熱、紫外線

  6. トリートメントの後にリンスやコンディショナーは、しない方が良…