こんにちは。明日退院いたします。髪にダメージを与える熱

髪にダメージを与える熱

お知らせ
https://labote8.wixsite.com/labote
料金プライス
https://labote8.wixsite.com/yutaka-m
水野豊ブログ
https://la-bote2.wixsite.com/labote-yutak-mizuno

ドライヤーを何度の設定でかけていますか?
ほとんどの人は早く乾かそうと、
100℃以上または高温設定にしているのではないでしょうか。
タンパク質が変質するのは100℃からだという事です。
髪は58℃程度から硬くなり始め、60℃で固まり、
68℃以上で水分が蒸発してしまいます。
蒸発を防ぐために、髪からできるだけ離してかけるという事です。
ドライヤーの口から出る温度が約100℃でも、
髪から15センチ程度離せば10~20℃は低くなります
髪までが15センチ離すということは、
柄の位置までプラス10~20センチはありますから、
腕を伸ばした状態で柄を持ってかけ続けなければなりませんね。
さすがに疲れますね。
髪のタンパク質はダメージを受けてしまいます。
同じ場所に熱風を当てた時のことで髪の
タンパク質はダメージを受けてしまいます。
タンパクが流れ出た髪に薬液が入り込むことで起きる現象は・・・・?
こまめにドライヤーを動かし、1か所に2秒程度であれば良いのですが。
ドライヤーをできるだけ低い温度で使用してください。

関連記事

  1. お母さまからの紹介です。

  2. エブリー縮毛矯正。くせ毛色々 2

  3. キューティクルを守る

  4. 髪のきしみを防ぐためには

  5. クリスマスツリーの日

  6. 頭の皮脂と汗は髪からツヤを奪ういます。