間違ったタオルドライで髪はダメージを受ける?

間違ったタオルドライで髪はダメージを受ける?

間違ったタオルドライを行っていませんか?

もしかしたら、
いま行っているタオルドライは大丈夫ですか?
やり方を間違えるとどうでしょう
ただ単に水分を取るだけのどうさなですが髪のダメージは?
タオルドライは髪や頭皮のケアなんです。
シャンプー後にタオルでドライしたまま放置は間違えなんです
自然乾燥だと髪の毛がまだ濡れている可能性があるので、
色々な問題が起こりますよ
もしも十分に髪の毛が渇いていないのにドライヤーで乾かそうとした
時にはキューティクルが傷んでしまう事もあるんです

髪の毛が渇いていない状態でドライヤーを使った場合はどうなんですか?
きちっとタオルドライをした時よりもより多くの時間をかけてしまい、
既に乾燥していた部分がオーバードライとなってしまうのです。
キューティクルが傷んでしまっては大変なんです。いずれ
ダメージを蓄積させることになるでしょう。
正しいタオルドライ


キューティクルにダメージを蓄積させない為にも、
まずは髪の毛全体に残る水分を全て取り除くことが大事です。
タオルをターバンのように頭に巻いたら、
指の腹で髪の毛全体をマッサージするようにして水分を拭き取っていきます。
髪の毛が短い人ほど水分を拭き取りやすくなります。
この時に気を付けてほしいのが、
決して髪の毛をゴシゴシと擦るのは止めてください。
強くこすることで髪の毛が摩擦を受け、
キューティクルが傷みやすくなります。
優しく水分を拭き取り、
頭皮全体から毛先の順番でタオルドライを行うのがコツですよ

関連記事

  1. 静岡からおいでくださいました。ありがとうございます。シルクの…

  2. 今日はス・ラを使った矯正です♪

  3. 親水毛と疎水毛と撥水毛

  4. 髪をキレイにするためには一定量の皮脂が必要なのです。「しっと…

  5. シルクの枕カバー

  6. 感染拡大が続いています。