最近アイロンの使用で傷んでいる方が多いので是非参考に

傷みにくいアイロンの使い方


最近アイロンの使用で傷んでいる方が多いので是非参考に
ここが注意点
アイロンのプレートが良い素材
必要以上に高温のアイロンを使わない
シャンプー後ドライヤーで完全に乾かす
アイロンで強く引っ張りすぎない
同じところに何度もアイロンをかけないこんな感じで。
アイロンのプレートはしっかりコーティングをされているものを。
すべりの悪い素材を使うと摩擦で髪を傷めさせてしまいます
必要以上に高温のアイロンを使わない


最近流行の180℃越えのものは非常に危険です。
200℃あたりででキューティクルは溶けます。
健康な髪の毛が耐えれるの180℃で5秒が限界ですよ。
髪質によりますが温度は100~140度がオススメで、
これ以上高い温度は必ず髪を傷めます。
シャンプー後はドライヤーで完全に乾かす事。
髪に水分が残っているとアイロンを当てた際に髪内部で水分が蒸発し、
ジューと弾けるようになるのでダメージを受けます。
髪の中の水分が蒸発しながら、髪の内部を破壊してしまうので、かな
らず乾かしてからお願いします。
髪を強く引っ張りすぎない


熱で十分伸びますし、髪は引っ張ってもゴムのようには元に戻らない
ので、ビビレのように縮れてしまいます
同じところに何度もアイロンをかけないように。
綺麗な髪の毛は毎日のケアの積み重ねです

初めての方 ご紹介の方 2回目以後の方予約について詳しく知りたい
方はこちらをご覧ください。→ https://likuyu.jimdofree.com
■施術コースは・「縮毛矯正+しっとり」コース
■髪の状態は
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
髪の強度 :★★★☆☆
施術難易度:★★☆☆☆
塗布方法・9.リタッチ(ビニールシート法)毛先は疎水化トリートメント塗布
放置方法・自然放置。
放置時間・45分放置

関連記事

  1. ダメージは大きく変わる!「しっとり」コース

  2. 加齢によるちりつきうねりでお悩み

  3. 洗剤でこんなことも・・。

  4. 梅雨時のお悩み

  5. 12月が一番忙しい時期で一年の集大成としえ臨みます。

  6. 自分の心次第でこの4つは変えられることだから大切にしなさい「…