「幸せの2番テーブル」

それから更に、数年の歳月が流れた12月31日の夜のことである。
海亭には同じ町内の商店会のメンバーで家族同然のつきあいをしている
仲間達 がそれぞれの店じまいを終え集まってきていた。
北海亭で年越しそばを食べ た後、
除夜の鐘の音を聞きながら仲間とその家族がそろって近くの神社へ初詣に
行くのが5~6年前からの恒例となっていた。
この夜も9時半過ぎに、魚屋の夫婦が刺身を盛り合わせた大皿を両手に
持って入って来たのが合図だったかのように、
いつもの仲間30人余りが酒や 肴を手に次々と北海亭に集まってきた。
「幸せの2番テーブル」
の物語の由来を知っている仲間達のこと、
互いに口にこそ出さないが、おそらく今年も空いたまま新年を迎えるであろう
「大晦日10時過ぎの予約席」をそっとした まま、
窮屈な小上がりの席を全員が少しずつ身体をずらせて遅れてきた仲間 を招き入ていた。 海水浴のエピソード、孫が生まれた話、大売り出しの話。賑やかさが
頂点 に達した10時過ぎ、入口の戸がガラガラガラと開いた。 幾人かの視線が入 口に向けられ、全員が押し黙る。
北海亭の主人と女将以外は誰も会ったこと

関連記事

  1. 髪はパッと見た感じではそこまでクセは強くないですが、

  2. 実家の中国のご家族が心配ですね・。

  3. 「何気なく」 その代償を知っていますか?2「サラサラ」コース…

  4. ハイダメージ、ビビリ毛、

  5. 紫外線について

  6. 特に表面のチリつき強いクセが気になってるの