秋の夜長の意味?

秋の夜長の意味?
秋の夜が長い
秋になると涼しくて過ごしやすいから夜の時間がつい夜明ししがちです。
空きの夜長は長く飲めるのも楽しみです。
空きの夜長気持ちいい言葉です。日本語は素晴らしい。
秋の夜長はいつまで?
立秋8月7日頃)から冬至(2月22日頃迄です。、
旧暦においては立秋の時期から秋が始まると言い伝えられています。
立秋の時期から使われる言葉となってますし、
冬至を過ぎれば陽が昇る時間が長くなるのでその分昼の時間も延びます。
そこで秋の夜長は立秋秋分を迎える9月23日頃から
立冬を迎える11月7日頃迄まで秋の夜長を使うことです。
この秋の夜長は10月中ごろがもっともいい感じです。

関連記事

  1. 湿気の多い時期が・・・クセの方は特に、

  2. エブリー優しいクセも綺麗な土台から!

  3. 人の人生に寄り添って

  4. 30年目の風邪!

  5. 触れてみたくなるような髪!「しっとり・サラサラ-W」コース

  6. 髪のための新しい習慣 2