これが最後になります。

これが最後になります。
あなたの仕事は凄いですもっと好きになってください。
誇りを持ってください。
そんな大切なことを教えてくれた美容師さんに恩返しをしたい、
私は出会った美容師さんのおかげで自分の仕事を最も好きになりました。
誇りを持つことができるようになりました。
今度はその音を感謝の気持ちを添えて。他の誰かに送りたいです。
ですから恩返しではなくいただいた恩をまた他の誰かに送る 音送り になればいいと思います。
この本は読んでくださった方の仕事がキラキラと輝くことで、周りの人間にの人を、
ギラギラと輝く水面の上に波紋が広がるようにみんなに伝わっていてくれたらもっと嬉しいです。
私は出会った人が楽しく効率的に夢実現や目標達成することに加え、日々、笑顔があふれ豊かな心に
満ちたゆとりのある。充実した人生を謳歌していただくことを心から思います。
その源は、やはり自分の仕事が好きであることを誇りを持つこと、そして自分の仕事がどれだけお客様
にとって価値があるかと言う可能性を信じることだと思います。
そのことに気づいた人たちの思いや体温、息遣いの伝わる生の声がここにある。
夢には自分のためと人のための2つがあると思います。夢は欲それが志になるんですね。
長い間読んでいただいてありがとうございます。
この本を読み終わり素晴らしい方がたくさんいらして、夢を持ち。志を持ち。人を感じて。
経験の中から生み出す力を感じました。
同じ経験をしている方がたくさんおりますでしょう最終点はまだ先・・・。水野豊
終わり

関連記事

  1. 涙のシャンプー

  2. 私たちの通信簿

  3. 私の仕事は 幸のおつかい

  4. 美容に寄り添う人の、人に寄り添う美容

  5. 魂が求めていた仕事

  6. 涙のシャンプー