カラーリングは薄毛になる。

カラーリングは薄毛になる。
最近は髪の毛を染めるのが普通になってきてますが茶髪やそれに近い髪の毛に染めています。
ヘアカラーが髪の毛を傷めるとわかっているけれど
そう思っている方も多いかと思います。
そこで
ヘアカラーは髪への浸透性が高く、髪の毛の色をの元であるメラニン色素を分解し、染料を髪の内側に染み込ませることで、髪の毛に色をつけます。

カラーリングは髪を傷めるの
・ヘアカラーはキューティクルを開く!
ヘアカラーに使う薬剤は、一度髪のキューティクルを開いてそこに薬剤を浸透させるため、髪の毛の負担が大きいのです!
髪には感覚がないけど頭皮は刺激を感じる
ヘアカラーが髪の毛を痛めるというのは耳にしたことがあるかとは思いますが、髪の毛は傷んでも薄毛になる事はありません。
ヘアカラーが薄毛を引き起こすのは、頭皮にダメージを与えているからです。
手袋をしてカラーリングを行いますが、これは肌が荒れるのを防ぐためで。
手肌があれるなら、同じ皮膚の頭皮だって荒れます。
カラーリングは頻度は少なくした方が
カラーリングは頻度は大体3ヶ月に一度髪を染めるのがいいです。
短いと頭皮に与えたダメージが回復できないまままた頭皮に負担をかけて、ダメージが蓄積されてしまうのです。
蓄積されれば薄毛になるかもしれません。

関連記事

  1. ベースメイクで 髪の内面から綺麗に!!今回はカラー+縮毛矯正…

  2. 髪の毛の静電気 1 「しっとり」コース

  3. 二度洗いの正しいやり方

  4. 極度の強いクセでお悩み。

  5. キューティクルによくない事はやめましょう。

  6. 髪への負担を減らす