タオルドライを欠かさない

タオルドライを欠かさない

スタイル    https://la-bote.com/archives/31424
店舗案内  https://la-bote.com/?p=31181
メニュー  https://la-bote.com/?p=31177
予約サイト制作中
予約tel  08077932345

ドライヤーの温風に長時間髪をあてないためにも、
きちんとタオルドライをして水分を取っておきましょう。
そのさいもゴシゴシふくのではなくタオルで髪を押さえるように、
摩擦を与えないふき方をしましょう。
ドライヤーで手早く乾かす
髪がやけどしないよう
少し離して空気を含ませながら手早く乾かしましょう。
髪のやけどを考えドライヤーをしない人がいますが、
濡れた状態の髪では髪同士が触れ合ったさいに
摩擦によって傷めてしまうため、
ドライヤーで乾かすのは大事です。
また、濡れた頭皮では雑菌が繁殖しやすい環境を与えるため、
頭皮もきちんと乾かすようにしましょう。

関連記事

  1. 雨の日の髪の毛は。2

  2. これが最後になります。

  3. 髪と頭皮の乾燥を防ぐドライヤー。

  4. 人の人生に寄り添って

  5. 髪の傷みには、原因があります、

  6. 知っておかないと危ない、