ドライヤーのほうがいい 

ドライヤーのほうがいい 
ドライヤーでのスタイリングも髪に悪いと感じませんか?


ドライャーの熱風の温度は100度から120度くらいの超高温の熱風が出ます。
このドライャーの熱風を髪にあててしまうと、少なからずダメージとなってし
まうのも理解できますよね。
髪は何で出来ているのか大半がタンパク質で出来ています。
卵を焼く時に加熱するとタンパク質は凝固してしまいます。
それも髪に含まれるタンパク質も同じなんです。
非常に熱が高温すぎると、髪のタンパク質が傷んだ状態のまま凝固してしまいます。
でドライヤーでの乾燥も髪のダメージの原因となります。
風の力で一気に髪を乾かしてしまうので、髪から蒸発してしまう水分量は自然乾燥に比べると、
断然少なくなります。
髪に与えるダメージも相対的に少なくて済み、自然乾燥の方が傷んでしまうと言えます。
でも熱風によるダメージが髪に加わってしまうのは事実。
軽減できポイントがあります。19
髪を乾かすときには、少しでもダメージを減らすために、髪から15センチほど距離を置い
て風をあてる。ドライャーとの距離をとることで、髪にあたる風の温度が少し下がり、


髪に加わるダメージも少なくすることができます。
洗い流さないトリートメントを付けるのも大切ですね。
髪を保護する成分が多く入っているものの方が、当然ですが効果は高くなりますね。
このポイントを守ることにより、ドライヤーによる髪ダメージは、かなり軽減できますから。

■髪のカウンセリング
 施術コースは・縮毛矯正「しっとり」コース
 髪の状態は
ダメージ:★★☆☆☆
クセの強さ:★★★☆☆
髪の強度:★★☆☆☆
 

関連記事

  1. 波状毛・縮毛・捻転毛・連珠(連球)毛・損傷性波状毛

  2. ハイライトの縮毛矯正

  3. 髪と寝すぎ!!

  4. 抜け毛を増やさない大切な事。

  5. これからの季節は肌の乾燥がしがちですが!!「しっとり」コース…

  6. カラーの全体染めと根元染めの違い