秋も深まってくると秋の夜長(あきのよなが)という言葉が。

秋の夜長の意味?涙のシャンプー
秋も深まってくると秋の夜長(あきのよなが)という言葉が。
少し寂しい季節ですね。
そもそも秋の夜長ってはどんなこと?
1.夜が長いこと
2.秋が深まるにつれて夜が長く感じられることです。
秋分を過ぎたあたりの10月~11月の期間というのは
この季節はジャズを聴きながら一杯が楽しみです。
一日の内日の出から日の入りまでの時間が陽が昇ってから落ちるまでの時間が
四季の中で一番短くなるようです。
陽が昇ってる時間が四季の中で一番短いということは
反対に夜の時間が一番長い期間ということになります。
秋のシーズンには夜の時間が四季の中で長くなるのですね。
それから秋の夜長という言葉が使われます。
秋も深まると日が沈むのが早くなって5時や6時頃でも少し暗くなってくるような感じですね。

関連記事

  1. 冬のひまわり

  2. 台湾 台北 大湖公園の月橋いいですよ

  3. 高円寺びっくり大道芸 27-28開催

  4. 30年目の風邪!

  5. 今年の恵方は「東北東」です★

  6. 翔んで埼玉