今日は少し髪とは違った記事なんです。長文で失礼いたしました。

個の時代の本質を見失ってはいないか?
今日は少し髪とは違った記事なんです。
個性も二極化の事も書いたことが有りますが。
今は個人の時代だー!って事でささやかれていますが
その違いは、それは受ける側の勘違いされている方の多々おりますが、
個人のじは実は世の中が個々の感性を「変えて」しまったのがいけないんです。
あるお客様から初めてのご来店で
以前こんなことが有りました他店での失敗でご来店ビビリがひどいので施術は不可能と丁重にお伝えしその瞬間。ビビり、トロ毛でお断りすると交通費の請求、自分の施術の時間に対する賃金の請求このお言葉は「寂しすぎます。」
お見送りまで請求されました。デパートでよく見る光景です。精神的に疲れましたね。
他店での失敗がラ・ボーテの失敗のように!!
現在はラ・ボーテのお客様は皆さんは優しく接していただいています。本当に感謝です。
だからこそ最高の施術を常に提供できるのです。
世の中が個人の時代とは自分勝手に一匹狼になる事ではなく、個人の心の価値を高めそこに共感し、お互いの信頼で初めて成り立つものではないでしょうか
共感・共生・信用が個人でも評価されるからこその【個の時代】なのです。
これからは個々の個性の時代だー!とは思いますが、最近は何やらその意味合いを勘違いしている人も多いなぁと感じています。
お客だから、個人だから何するにしたって個人の自由。会社や社会の考えなんてつゆ知らず、我が道を行くことが正しいことだと勘違いしてしまっているのでは。
また多少の自分勝手が許されてしまう世の中だと過信して、やりたいことを本当に自由にやっちゃってはいかなるものか。
自分とサロンで自分の影響力を間違った方向に使ってしまって、周りへの迷惑や配慮に欠ける明らかな行為ではないでしょうか
切りが有りませんが個人という言葉の一人歩きなのか、この言葉はSNSされすぎてしまっているのか、
完全に勘違いしてしまっている人が多発していて、ホントに勿体無いよなぁと個人的には思っております。
普通とは何でしょうか?
おはよう!お疲れさな!こんにちはなどは一般的、普通ではないんでしょうか?
さみしい限りです。
美容師もバラバラのように感じますが?一人一人が自分勝手?みたいな感じに捉えられるけどそうじゃないと思っていて、
人一人の個人の感性を高めて、個々の技術の向上と人間性が各々が評価され向上心を持たなくてはいけないと思いました。長文で失礼いたしました。

関連記事

  1. 髪を乾燥させてしまう

  2. アイロンの!!

  3. なぜ髪にツヤが必要なんですか?1

  4. できること!できないこと!!「しっとり・サラサラ」コース

  5. 紫外線怖い!!

  6. 寝ている間に頭皮が傷つくことも。