梅雨どきの対策

梅雨どきの対策

今回は「しっとり・サラサラ-W」コースで施術いたしました。
■髪の状態は・
髪の量  :★★☆☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
施術難易度:★★☆☆☆
塗布方法・9.リタッチ(ビニールシート法)毛先は疎水化トリートメント塗布


縮毛矯正しているが綺麗になっていないと思う事もありますね。
ヘアカラーなど色々していて髪が傷んでいる。
こんな状態で湿気の影響を受けやすいのです。
親水性の状況になっていいます。
髪が傷んでいるのは内部タンパク質の流失、細胞間を埋めているCMCなど
キューティクルを薄く覆っているCMC細胞膜複合体などがありません。
その状況になると髪は水分が入る過ぎるためです。
これが親水性です。


スタイリングで水素結合しても湿気で髪が崩れます。
また乾かしたとしても必要以上に乾いてしまい髪は固くなります。
しなやかで綺麗なスタイリングも難しいのです。
その逆に疎水性に作った髪は水分を弾きます。
疎水性に作ることはダメージしている髪内部にしっかり疑似タンパク質を入れる。髪表面から内部細胞間にCMCを髪に入れ込みます。
そうしますと髪が湿気の影響を受けにくくします。
補修ケアとは親水性の状況を疎水性に作り替えるケアの事なんですね。
髪はしなやかでスタイリングの持ちも良いです。
疎水性、親水性、このことを考えてください。

関連記事

  1. タオル地の枕カバーは。

  2. 髪それはどんなこと。

  3. 習慣で髪が変わる

  4. 意外と知らない?

  5. 最近よく思う事.2

  6. 進化し続ける縮毛矯正 「しっとり・サラサラ」