R)一杯のかけそば

R)一杯のかけそば
2人の男の子を 連れた女性が入ってきた。
女将は女性の着ているチェックの半コートを見て、
1年前の大晦日、最後 の客を思いだした。
「あのー……かけそば……
1人前なのですが……よろしいでしょうか」
「どうぞどうぞ。こちらへ」
女将は、昨年と同じ2番テーブルへ案内しながら、
「かけ1丁!」
と大きな声をかける。
「あいよっ! かけ1丁」 と主人はこたえながら、
消したばかりのコンロに火を入れる。
「ねえお前さん、
サービスということで3人前、出して上げようよ」
そっと耳打ちする女将に、
「だめだだめだ、そんな事したら、かえって気をつかうべ」
と言いながら玉そば1つ半をゆで上げる夫を見て、
「お前さん、仏頂面してるけどいいとこあるねえ」
とほほ笑む妻に対し、
相変わらずだまって盛りつけをする主人である。

関連記事

  1. 私の仕事は 幸のおつかい

  2. 岐阜の下呂温泉からのお客様です。

  3. 髪は死んだ細胞で自己での痛みの修復ができません。「サラサラ-…

  4. ちりちりぼわぼわくせ毛の縮毛矯正「しっとり」コース

  5. ダイエットは体、髪に悪い!!「しっとり」コース

  6. 髪の毛にツヤがないのは、「しっとり・サラサラ-W」コース