白髪染めとヘアカラーの違いって?

★5月よりホットペッパーのサイトの掲載内容が変わります。ブログはラボーテのHPでご覧ください。
予約状況 メニュー ブログ はラボーテのHPでご覧になれます。https://la-bote.com/
■空き情報 施術コース 予約方法などはラボーテのHPのお知らせをご覧ください。
ラ・ボーテのネットからの予約ですがお時間が前後する場合があります。ご理解ください。
★お電話での予約が優先のためネット予約がキャンセルする場合があります。                    白髪染めとヘアカラーの違いって? 
この過酸化水素水は髪の色を抜くのと同時に、キューティクルもはがしてしまうため、髪の毛を痛みやすくしてしまうという弱点があります。
白髪も黒髪も均等に染めるため薬の配合濃度が高く染毛力が非常に高いです。
黒髪よりも白髪の方がカラーが浸透しやすい状態といえます。が
染色から時間がたつと色が抜けていってしまうのです。
これは脱色させるブリーチ剤が強力なのが黒髪用ヘアカラーで染毛力が強いのが白髪染めという事です。
市販の白髪染はかなり髪には負担がありいたみます。
黒髪を染める場合はヘアカラーを、
白髪を染める場合は白髪染めを使うのがいいです。
ヘアカラーでは染毛力が弱いため白髪をきれいに染めることはできません。
黒髪の中に少し白髪が混じっている状態ならば黒髪用のヘアカラーでも色ムラは気にならない仕上がりになります。
髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。
■ハイダメージ・ポーラス毛は(内部補修・保湿剤CMC塗布後ドライ)後クレンジングシャンプー
■髪の状態 今回カラー+矯正 毛先が乾燥しています。クセは大きいうねりです。
■施術方法 サラサラコース
■前処理 炭酸泉で素髪の状態にします。
毛先はCMCバランス+エブトリでダメージの補修保護
中間CMCB アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 CMC(PHの調整、残臭除去)
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
サラサラコース(CMCバランス塗布 毛先CMCバランス+エブトリ塗布)
保湿効果のあるCMCPベース塗布(アイロン・仕上げ時)
■毛先部分 CMCバランス+エブリー(10%塗布)
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く
■放置時間 自然放置40分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。                             CMCバランス タンパク質・水分・油分のバランスに戻すトリートメント(ツヤ出し効果)
Fローション 矯正、ヘアカラー、等で傷んだハイダメージの髪には非常に効果的です。
内部補修のこれにより、パーマカラーで内部より破壊流失したケラチンたんぱく質の
代替え補給をします。できるだけ内部充填しましょう。
トリートメント2種
ミストタイプのものも補充しています。
しっとり、さらさら感を出す事も
しっとりさせたい時は保湿効果を多めにし、髪が細くハリを出す・を多めに。
冬など乾燥しがちな季節は・を多めにすることが多いですね。
サラサラ感を出す時にはCMC+リカを使います。

関連記事

  1. ハイトーン毛に縮毛矯正

  2. 髪のツヤが減る原因

  3. 縮毛矯正失敗です。

  4. シャンプーは 1

  5. 結果・・・。

  6. 想い!!