カラーリングは薄毛になる。

★5月よりホットペッパーのサイトの掲載内容が変わります。ブログはラボーテのHPでご覧ください。
予約状況 メニュー ブログ はラボーテのHPでご覧になれます。https://la-bote.com/
■空き情報 施術コース 予約方法などはラボーテのHPのお知らせをご覧ください。
ラ・ボーテのネットからの予約ですがお時間が前後する場合があります。ご理解ください。
★お電話での予約が優先のためネット予約がキャンセルする場合があります。                 カラーリングは薄毛になる。
最近は髪の毛を染めるのが普通になってきてますが茶髪やそれに近い髪の毛に染めています。
ヘアカラーが髪の毛を傷めるとわかっているけれど
そう思っている方も多いかと思います。
そこで
ヘアカラーは髪への浸透性が高く、髪の毛の色をの元であるメラニン色素を分解し、染料を髪の内側に染み込ませることで、髪の毛に色をつけます。
カラーリングは髪を傷めるのヘアカラーはキューティクルを開く時に起こります。
ヘアカラーに使う薬剤は、一度髪のキューティクルを開いてそこに薬剤を浸透させるため、髪の毛の負担が大きいのです!
髪には感覚がないけど頭皮は刺激を感じる
ヘアカラーが髪の毛を痛めるというのは耳にしたことがあるかとは思いますが、髪の毛は傷んでも薄毛になる事はありません。
ヘアカラーが薄毛を引き起こすのは、頭皮にダメージを与えているからです。
手袋をしてカラーリングを行いますが、これは肌が荒れるのを防ぐためで。
手肌があれるなら、同じ皮膚の頭皮だって荒れます。
カラーリングは頻度は少なくした方が
カラーリングは頻度は大体3ヶ月に一度髪を染めるのがいいです。
短いと頭皮に与えたダメージが回復できないまままた頭皮に負担をかけて、ダメージが蓄積されてしまうのです。蓄積されれば薄毛になるかもしれません。
                               施術レシピ
髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。
■ハイダメージ・ポーラス毛は(内部補修・保湿剤CMC塗布後ドライ)後クレンジングシャンプー
■髪の状態 毛先が乾燥して先細の髪です。大きいうねり。
■施術方法 サラサラコース
■前処理 炭酸泉で素髪の状態にします。
毛先はCMCバランス+エブトリでダメージの補修保護
中間CMCB アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 CMC(PHの調整、残臭除去)
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
サラサラコース(CMCバランス塗布 毛先CMCバランス+エブトリ塗布)
保湿効果のあるCMCPベース塗布(アイロン・仕上げ時)
■毛先部分 CMCバランス+エブリー(30%塗布)
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く(点々塗布スルー)
■放置時間 自然放置45分
■仕上がり サラサラ感がが出ました。毛先の痛みが少し残ります。                              毛先はCMC+Tダメージの補修保護
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。

関連記事

  1. 髪が傷みだす温度って

  2. 紫外線のダメージから髪を守るには。

  3. それぞれの失敗は直す事が不可能です。

  4. さらにポイントは~

  5. 炭酸泉とは、炭酸ガス(二酸化炭素)

  6. 頭皮マッサージで髪にハリ・コシ・ツヤ