乾かし方次第で縮毛矯正の良さが。

乾かし方次第で縮毛矯正の良さが。

シャンプー後すぐに髪を乾かすのは面倒なので少し放置したままでいる方がいますがこれはいけません。
シャンプー後に髪を濡れたまま放置すると髪のキューティクルにダメージを与えてしまいます。
濡れている髪はキューティクルが開いて痛みやすい状態であり、タオルドライ後は速やかに
ドライヤーで髪を乾かすようにしましょう。
髪の乾かし方にもコツがあります平面ブラシなど使い髪を下に軽く引っ張りながらドライヤーで乾かすこと
です。
髪を少し引っ張りながらドライヤーで乾かすことで癖の強かった部分がうねることを防ぐことができます。
長い時間をかけてドライヤーで髪を乾かすのもいけません。
縮毛矯正後で痛んだ髪にダメージを与えてしまうためドライヤー強弱を上手にコントロールして、
手早く乾かすようにしましょう。                                     ダメージ毛を優しく正しいシャンプー

矯正や染めをした後の髪を洗う時に泡立ちが悪かったり髪が指に引っかかりギチギチとした手触りにな
った事がありまえんか。
それは髪のキューティクルがめくれて痛んでいるからです!
縮毛矯正後はキューティクルが大きなダメージを受けていますので優しくシャンプーをしましょう。
それはまずはブラッシング
予備洗いシャンプー前に1分程度40度ぐらいのシャワーで頭皮全体を洗い流す
シャンプー剤を手のひらで十分に泡立てるようにします。
髪と地肌を洗うシャンプーが残らないように時間をかけて洗い流してください。
潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
エブリーの縮毛矯正で艶感しっとりサラサラ感がアップされました。                                                            ■髪の状態 今回はリタッチ施術。毛先が乾燥しています。
■施術方法 サラサラコース。中間からしっとりとした髪質に。
■前処理 炭酸泉で素髪の状態にします。
毛先はCMCバランス+エブトリでダメージの補修保護
保湿効果のあるCMCPベース塗布(アイロン・仕上げ時)
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~多目塗布~うっすら白気味手でスルー塗布
■放置時間 自然放置55分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。

関連記事

  1. 春先に起こりやすい髪トラブル2

  2. 濡れた髪をとかすと切れ毛になりやすい。

  3. 紫外線で髪が!!

  4. うねり!

  5. それぞれの失敗は直す事が不可能です。

  6. 痛んだ髪を優しく治す正しいシャンプー 1