ヘアカラーを退色させない。

ヘアカラーを退色させない。

ヘアカラーは、染めてすぐの状態から、日が経つにつれて、どうしても退色してしまうものですね。
ですが、退色を遅らせるヘアカラー後の髪のケア法が、あまり知られていませんが存在します。
そこで、市販のヘアカラーを退色させないコツをご紹介します。
市販のヘアカラーを退色させないコツ
濡れたままにしない
濡れた髪は、キューティクルが開きっぱなしですので、染めた後は、早めに乾かしましょう。
ドライヤーをかけ過ぎない
ドライヤーをかけ過ぎると髪が傷み、退色の原因となります。
紫外線を避ける
日に焼けると退色するため、帽子や日焼け止めスプレーで、紫外線をカットしましょう。
2、3日はお湯や水に浸けない
髪が落ち着くまで2、3日は、髪の毛を洗うのは避けた方が良いでしょう。
ヘアオイルで髪の乾燥を防ぐ
染めたすぐはキューティクルが開き、髪が乾燥しやすい状態になっていますので退色しやすくなります。
ヘアオイルで膜を作り退色を防ぎましょう。
ヘアカラーは髪が傷んでいると、すぐに落ちてしまいますよ。
カラーリングの後は、トリートメントを行うだけでなく、ドライヤーや日焼けにも注意してくださいね。 潤い・手触り・艶・重視の縮毛矯正エブリー
エブリーの縮毛矯正で艶感しっとりサラサラ感がアップされました。

関連記事

  1. 紫外線で髪が!!

  2. 痛んだ髪を優しく治す正しいシャンプー 1

  3. 自然な縮毛矯正に仕上げる為に

  4. 縮毛矯正後を長持ちさせるケアは

  5. これって失敗かも?

  6. 髪の老化?