キューティクルが傷むのは

キューティクルが傷むのは
キューティクルが傷むのは何故?どうして?

高円寺のお客様は専用  https://la-bote.com/archives/440
営業時間・定休日・予約方法 https://la-bote.com/archives/533


自然乾燥
シャンプー後に
ドライヤーを使わずに自然乾燥にすると、
髪は濡れている時にキューティクルが開いているため、キ
ューティクルが全開の状態です。

キューティクルが絡まり合い
キューティクルが剥がれることで
痛みを伴いますます。
シャンプー後は素早く乾かすことのおすすめです
決まらいスタイルとドライヤーのかけすぎには注意が必要です。
ドライヤーと髪の距離を20cm程空けて、
熱を当て過ぎないようにします。
根本を中心に毛先の方に乾かします。
毛先には直接ドライヤーをかけすぎない方がいいです

ヘアアイロンのあてすぎも傷ませる
ヘアアイロンも何度も同じところに繰り返し熱を当てると、
熱によるダメージを受けてしまいます。
髪の内部のケラチンタンパク質は硬くなり、熱老化を起こしてします
アアイロンは使う温度に気を付けてください。
それにより、パサつきやゴワつき、広がってまとまらないこともあります
ドライヤーやヘアアイロン、
毎日の正しいヘアケアを意識してください。
la bote ginza オーダーメイドの矯正
縮毛矯正・髪質改善まとめ
https://la-bote.com/?p=29127

関連記事

  1. Kiseki PRODUCE by yutaka miz…

  2. もうすぐ春が来ます。

  3. リンスインシャンプーの仕組み

  4. Q&A 1 「しっとり・サラサラ-W」コース

  5. サラサラとした状態でいられる。

  6. カラー&パーマの同時の施術は髪の毛が傷む?