夏と冬の場合

夏の場合
夏の場合は汗をかくことが多いため、
熱めのお湯でシャンプーをするとスッキリすると思います。
感じる半面、熱いお湯によって頭皮が刺激を受けるだけではなく、
髪のキューティクルも開いてしまうのです。
エアコンの冷たい風は、クールダウンするから良いと感じるのは間違いです。
手早くしっかりとドライヤーで乾かすことでが大切
キューティクルを正しい状態に戻してあげることが大切なのです。
秋~冬の場合
冬の場合は、湿度が下がり空気自体も乾燥してしまいます。
防寒のためにタートルネックを着たりマフラーを巻いたり、
帽子をかぶったりなどと、夏に比べて摩擦を受ける機会も多いです。
髪の内側と外側、両面から乾燥の対策をすることが必要です。
夏と冬の屋内と屋外の寒暖差も髪の乾燥の原因に?!
夏や冬は特にですが、外と室内では気温に差が生じます。
このことも髪に大きな影響を与えます。

関連記事

  1. 『毛量/毛質矯正』という技術。「スリムサラ」コース

  2. ヘアブラシでブラッシングをすることの良さは。 頭皮のマッサー…

  3. やればやるたびに綺麗になる・・・?

  4. 30代で髪はどんな感じ?

  5. ドライヤーで乾かす前に何度も髪をとく

  6. R)涙のシャンプ―