髪が傷むのはどんな時?

高円寺のお客様は専用  https://la-bote.com/archives/440
お知らせ https://la-bote.com/archives/news/

髪が傷むのはどんな時?
特に濡れてる時は要注意!
気をつけなくてはならないこと、それは物理的ダメージです。
髪に触れる際に起こる摩擦や、
引っ張って伸縮させてしまったり、
強くブラシングするととても傷みます。
髪が濡れている時
特に、髪が濡れているときが一番傷みます!
風呂でのシャンプー中、
シャンプー後のドライヤー、
濡れている髪の毛に優しくするこです。
髪が引っ掛からない状態にしてからシャンプーすることで物理的ダメージを回避できます。
シャンプーのドライヤーでは、
ブラシのコーミングを優しくすることと、
ブラシでブローする方は7割以上ハンドドライしてから
ブラシを毛先に入れていきましょう。
びしょびしょな状態からブラシでコーミングを多くしてしまうとかなり傷んでしまいます。
キューティクルがはがれてしまう可能性もあります。
物理的なダメージを受けるときがあります。
それは、カラー塗布、パーマ、シャンプー、ブローなどです。

関連記事

  1. トリートメントをすぐに流すのはダメ

  2. 42度以上のお湯で洗うのはNG!

  3. そして予洗い。

  4. 紫外線は頭皮、髪にケア 1

  5. トリートメント後に冷水ホント!?ウソ 1「しっとり」コース …

  6. ネグセの原因になります。