ブリーチしたグラデーションカラーに弱酸性縮毛矯正

ご紹介の○○様。本日はありがとうございます。

ブリーチしたグラデーションカラーに弱酸性縮毛矯正
ブリーチ毛でも髪に弾力が残っていいれば縮毛矯正をかけることができます。
ブリーチ毛のエブリーの縮毛矯正です。


まず初めに、個人的にはブリーチ毛に縮毛矯正はお勧めしてません。
それは髪がビビリ毛になる恐れがあるからです。
ただでさえ難しい縮毛矯正なのにそこにブリーチとなると、、、
もしかしたら、施術自体不可能な状態にあるかもしれません。
ブリーチ毛に縮毛矯正をかけれるか?かけれないか?というのは髪の状態によります。
ダメージの見極めをしっかりすればかけれる可能性もあります。
ブリーチ毛でも縮毛矯正がかけれる髪は
→髪の弾力が残っていることが前提。
縮毛矯正がかけれない髪
→髪が濡れた時にテロテロしてしまったり、ゴムの様に伸びてしまう状態の髪はかけることができません。
かける前に、、、
というのがとっても重要です。
ただ何度も言いますが、、無理は禁物です!

毛先にグラデーションカラーが入ったお客様の縮毛矯正
他店でおしゃれだからと勧められてでもブリーチが入っていますがどうしてもかけたいということで、
太く 強いのクセ パサつきを直したいとのことです。
全体にブリーチを使用したグラデーションカラーが入っている状態です。
正直ブリーチ毛に縮毛矯正はとてもリスクが高く難しいのであまりやりたくない、、
というのが本音なのですが、今回髪の弾力がしっかり残っているので
エブリーで縮毛矯正をしていきます。
ブリーチしててもダメージを見極めることができれば縮毛矯正をかけることができます^_^
大切なのは髪の弾力が残っていることが条件です。
きれいになって安心しました。
※縮毛矯正をすると少しカラーの色が抜けて見えます。
ご来店ありがとうございました!
最後に
ブリーチをしていても髪の弾力が残っていれば縮毛矯正は可能。
その際はダメージをしっかり見極めることが重要です!
無理はやめましょうね
ご相談も随時受け付けております。 気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

  1. 髪への紫外線の影響とは?

  2. 縮毛矯正施術に使うCMCの特徴は

  3. いつも電車で。

  4. 髪の毛をきれいに見せる

  5. 美髪 2

  6. ストレスが増える