摩擦が髪に悪い。

■ラ・ボーテのHPからの予約方法はお知らせをご覧ください。
摩擦が髪に悪い。

キューテクルなどは摩擦に弱く、その摩擦によってキューテクルの表面がめくれてしまい髪の中のタンパク質系が外に出てしまいます。そのため切れ毛がおきます。
普通の人は100本ぐらいは抜けますので抜けたものは毛根がありますが切れ毛は有りません。摩擦によって起きたものです。
摩擦が少ないカバーは。
摩擦が少ないのはシルクの素材が良いです。毎回ブログには書いておりますがお客さまからのお言葉では良いそうです。またシルクは保湿効果もあります。お顔しっとり髪しなやか。
シルクのナイトキャップも髪の保湿には最高です。
やはり髪への摩擦がないことが切れ毛防ぐ事になります。
シルクは通気性、吸水性が良いため頭皮からの分泌、汗、皮質を吸収事もあるため頭皮を健康に、頭皮の衛生に良いです。
またシルクはセシリンという成分が入っていますので保湿、抗菌の効果もあります。
シルクは髪のダメージその他にも良い事一度見直してはいかがですか又枕のカバーの毛を見てはいかがですか、抜けてる髪又は切れ毛か確認を。                                                                                                               髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です

■髪の状態   乾燥毛です。毛先がパサ気味。クセは強く浸透しにくい。
■施術方法 髪の状態で基本的には7パターンの塗布方法が有りますが塗布は感覚です。
■前処理 毛先はCMC+Tダメージの補修保護
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~多目塗布 うっすら白気味手でスルー塗布
■放置時間 自然放置45分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。

関連記事

  1. ヘアアイロンを使う前に!

  2. 梅雨の湿気で広がる

  3. 縮毛矯正とカラーはどちらからやった方が良いのか。

  4. スチームで浸透促進

  5. 基本のブラッシング

  6. 縮毛矯正は。