キューティクルを元通りに

キューティクルを元通りに 

スタイル    https://la-bote.com/archives/31424
店舗案内  https://la-bote.com/?p=31181
メニュー  https://la-bote.com/?p=31177
予約サイト制作中
予約tel  08077932345

キューティクルは髪の表皮で魚の
鱗みたいな形をしています。
髪が柔らかく曲がったりするのは
この魚の鱗のような形をしているからなんですね。
キューティクルがしっかりとしているのが健康な姿なのですが
痛むとしなやかさを失ったり、ツヤツヤ感を失ったりします。
髪の毛の水分を閉じ込めておく働きもあるので、
壊れてしまうと大変
水分が流出してしまいその上潤いのない
パサパサとした髪の毛になってしまいます。
再生できない壊れたキューティクルには
どうしたらいいのですかと
キューティクルというのは髪が濡れていると
非常に傷つきやすいので
髪が濡れている状態で、
ゴシゴシとタオルで拭いたり、擦り合わせたりしないで
ください。
一度壊れてしまったものは元には戻りません。
キューティクルの損傷を防ぐためには、日々のケアが大切です。
しっかりと栄養を補ってください。

関連記事

  1. キューティクルが開いた状態になるのは?

  2. 濡れた髪が絡まる

  3. 睡眠中の髪のダメージ.

  4. 梅雨シーズン突入ですね。「サラサラ-W」コース

  5. ブラッシングの効果は?

  6. 梅雨のシャンプー後、は