キューティクルを守る

キューティクルを守る

キューティクルは一度はがれてしまうと修復ができないので、
切ってしまうか、
ひどくならないうちにトリートメント剤の
コーティングが必要となってきます。
あまりに悪化してしまった場合は前者を
選択する方が多いのではないでしょうか。
キューティクルの表面はタケノコの皮のようになっているので、
それを接着させる成分であるセラミド、
細胞膜複合体、天然保湿因子といった
成分が入っている商品を選んでみて下さい。

関連記事

  1. タンパク質は?

  2. シャンプー後は

  3. 髪の毛の手入れサラサラに!

  4. 紫外線によるダメージ

  5. 疲れた体には甘いものが良く効く〜〜。

  6. いや~暑い日が続きますね。