ドライヤーは熱風だけ??

髪のツヤが奪われてしまう勘違いヘアケア
ドライヤーは熱風だけ??

髪は表面温度が100℃以上になると髪の中のタンパク質や脂質
が変質してしまい、傷み始めます。
ドライヤーの熱で髪が熱くなってしまわないように、
ドライヤーの温風は大変熱く、
噴き出し口近くでは100℃を超えています。
10cm以上離すことで温度は随分下がりますので、
ドライヤーを髪に近付け過ぎないように。

関連記事

  1. 頭皮ケアのブラッシング

  2. 濡れている、湿っている髪はていねいに扱いましょう

  3. シャンプーの選び方ですが。「しっとり・サラサラ-W」コース

  4. うねり!

  5. 髪や頭皮が乾燥するとどうなる?

  6. 最近こんなお悩みが 2 「しっとり」コース