温度の高すぎに注意!

温度の高すぎに注意!

寒くなるにつれてお湯の温度は夏よりも高くなりがち。
寒いからといって40度近いお湯で洗髪では髪は潤いを逃がしてしまう他、熱すぎて乾燥することもあります。
身に覚え…ありませんか?
毎日続けていると地肌を傷めてしまったり、
かゆみをもたらすこともありますよ。
洗顔を熱いお湯でしてはいけないのと同じで、
洗髪の温度も 最高38度、
ドライヤーで乾かす際に乾きやすい毛先からでなく、
必ず根元からしっかりと乾かしましょう。
先に毛先が乾いてしまったらミストタイプのトリートメントなどで湿らせます。
そうして毛先に負担がかからないように注意しながらドライすることでダメージを抑えることができるのです。この一手間が明日の美髪を作ります!
美しい髪作りの為にも寒い日は高い温度のシャワーではなく
お湯に浸かって体を温めましょう。

関連記事

  1. 施術した後が大切です。

  2. ベタつく夏 2

  3. 頭皮ケアのブラッシング

  4. 「髪の毛を洗う」

  5. “冬の髪の困った!“

  6. ベタつく夏 1