夜しっかり乾かしても、髪がハネたり、うねったりするのは?

夜しっかり乾かしても、髪がハネたり、うねったりするのは?

お知らせ
https://labote8.wixsite.com/labote

朝起きるとまさかのハネやうねりが……。
ロングヘアなら、髪の重みでまとまりやすいですが。
ショートやミディアムではそうはいかないのがやっかいなところ。
一度はハネた髪は再度濡らしてセットし直さないとなかなか元には戻らないもの。
しっかり乾かしているのに。なぜ~?と叫びたくなる気分に。
実はこのハネやうねり、睡眠中の寝返りが大きく影響しています。
夜シャンプー後にしっかり髪を乾かしているのに、翌朝の寝グセが。
寝ている間に髪に水分が浸入している!?
人は睡眠中に何度か寝返りをします。
その際と頭部との接触により、ムレなどの湿気が生じ、
毛髪が水分を含んだ状態になります。
その状態でさらに寝返りを打つことで、
髪にクセがつき、朝起きると、ハネやうねりが出来てしまうのです。
シルクの枕シルクハットに変えてみたらどうですか。
寝ぐせを直す
髪の毛は濡れた状態から乾く間にくせがつくので、
シャンプー後は根元から完全に乾かすことが大切です。
濡れたまま寝てしまうと、
枕や布団との摩擦で表面のキューティクルがはがれてしまいます。
傷んだ髪の毛は内部が空洞化しているので折れやすく、くせのつきやすい髪質になってしまいます。
毛先は乾燥しがちでダメージを受けやすい。
トリートメントのつけすぎはいけません。
べたべたな状態は濡れているときと一緒で、
くせがつきやすくなってしまう。
頭皮は湿度が高く、ドライヤーで100%乾かしても汗をかいたりして湿っぽくなりがち。
完全に寝ぐせがつかないというわけではなく、あくまでつきにくいようにはできます。
寝ぐせがついた髪の毛を直す方法は?
寝ぐせは毛先だけがはねていても、
根元部分がねじ曲がったりすることで毛先に表れます。
水分が髪の毛に浸透するように根元を十分濡らし、
しっかりと乾かすことが寝ぐせ直しです。
毛先だけを濡らして乾かしても、
その時は直るのですが時間が経つとくせがでてきてしまいます。
冬になると乾燥で髪の毛はますます傷みやすくなり、
くせのつきやすい状態に。

関連記事

  1. 毎日シャンプーで洗う人3

  2. 予洗いのコツについて、

  3. 髪のための新しい習慣 3

  4. 髪への負担を減らす

  5. 付随したトリートメントには意味が無い!

  6. えっ、もう……!? 出た白髪?「しっとり-W」コース