傷んだ髪は治りません.

傷んだ髪は治りません.

髪の毛は皮膚と違います。死滅角化細胞なんです。
再生力があるのは、孟母細胞の部分で、
下から押し上げられ生えてはきますが、頭皮上の髪は角化されて、
その部分の細胞再生はありません。
よってその部分がダメージを受けると治るという事はありません。
治るのではなく修正する事なのでしょう。
ダメージの毛は髪の成分はタンパク質とCMC(細胞膜複合体)
と水分で構成されています。
大きくはタンパク質とCMCですが、ダメージとは、
これらが失くなっていく事。
それによりキューティクルのめくれ欠損、
内部ダメージによるたんぱく質の流失、
CMCが失くなるなどにより水分維持もできない状態です。
どんな物を使っても本来の角化細胞と同化する事はありません。
数回のシャンプーと共に流れ落ちるのですね。
だからこそ毎日の永続的なケアが大事になるという事です。
本当に直るというのは傷んだところはカットしてしまいなしょう。
根元から伸びててくる髪を再度傷めないようにケアしてパーマ、
カラーで傷めないように気を付けるというのが直っていくという事です。

関連記事

  1. 季節の変わり目の抜け毛を予防.

  2. ベースメイクで

  3. うねり!

  4. 髪の変形、反応不足? 髪の強度低下毛

  5. 自己再生しないってホント?

  6. あなたの髪、ドライャーで本当に乾かせてる?