髪を「すき」過ぎると、

髪を「すき」過ぎると、
バサバサになる

お知らせコーナー  https://la-bote2.wixsite.com/sakura1951

では、どういうときに、
髪の健康状態に関係なくバサバサしているように見えるのか。
よくあるのは、長い毛の中に「短い毛」が交じっているケースです。
この原因の一つは、「髪をすいている」ことです。
ロングヘアになるにつれ、毛量が増えて扱いにくくなるため、
美容師さんに「すいてください」とオーダーする方も多いと思います。
しかし、過剰に髪を「すく」と「モケモケの毛」
が増えて、結果的にバサバサに見えてしまうのです。

髪の毛は、長い方が真っ直ぐに落ちやすくなります。
毛先が重りになって、ウェーブを引っ張っるからです。
これは髪の毛にウェーブがあっても、同様です。

髪をすくこれをセニングで切ると言いますと、
短い毛がたくさん作られます。
短くなった毛には長さの重りが無くなるため、
表面にウェーブが出やすくなるのです。

傷んでいる髪やバサバサの髪が傷んで見えな方法もある
とはいえ、髪の毛が傷んでいる、
あるいは過剰にすいた髪だからといってではありません。

髪の毛はスタイリング次第で、傷んで見えないようにすることもできます。

関連記事

  1. 水分コントロールは水素結合を操る事。

  2. 綺麗髪は。どんな感じ

  3. 育毛剤と養毛剤の違い 2

  4. ヘアパックの利用

  5. 人によって髪の形状は違うの?

  6. 髪が思うようにいかない?