どうしたら。

どうしたら。

根元の新生部分と既染部分の前に染めたところの塗りわけをします。
しっかり染まって明るさもまた色を長持ちさせたい。
これを可能にするのは一般ヘアカラーしかない事です。
今の髪の傷みは根元は傷みはありません。
また毛先になればなるほど過去に何度となくカラーだパーマをしているはずです髪の傷みもあると思います。
これが今の髪の状態です。
根元は刺激があったとしても、良く染まりのいい市販のカラー剤が良いですね。明るさの色々あります。でも
毛先の方も髪は同じカラー剤は使ってはいけません。
毛先の状況は傷みがある、前に染めた色素が残っています。
当然傷みにくいカラーを選択する事で。
ブリーチを起こさないように2液の過酸化水素水濃度を水などで薄める。
または傷まないようにカラートリートメントなどを利用する。
既染部分の色素が残っているという事。
根元と同じような色素を載せると色素重合
を起こし真っ黒になります。注意が必要です。
さらに問題なのは。
もともと染めて無い根元も一緒に黒で染めていたら退色したらなぜか明るくなるのかな。
繰り返すほどに、ブリーチが効いて明るくなっている事です。
これ最悪の髪になります。
もしも毛髪強度は低下の髪で黒染めした後に縮毛矯正でもしたら
ブリーチ毛の上にカラーでもブリーチ度合いが見抜けないし気づけない。
黒染めしているからブリーチ度合いが見抜けないし気づけない黒髪だと思って普通に薬品を付ける。
髪が溶け出した~どうしてな~んて事もおきます。
こんなサギをする人もいるそうです。細心の注意と危険な髪はやらないのが得策です。経験者です。
失敗されたら取り返しがききませんのでお願です。
そうならない為にも
黒染め、白髪染めしている必ず矯正の場合は事前申告してください。


■ヱブリー全処理剤(各種)内部補修処理導入剤
■ヱブリー矯正剤 ・CMC1・ CMCバランス
■ヱブリートリートメント・リカバリートリートメント・リペアA B・エブリーミスト
CMCバランス タンパク質・水分・油分のバランスに戻すトリートメント
ダメージの補修効果のトリートメント
ミストの効果 毛髪を修復,ツヤサラ,強度回復効果,保水効果
極小ナノサイズのトリートメントでシットリ感が出ます。
傷んでトロ気味の髪にハリをもたす濃縮トリートメント
CMCベース 今までのケア剤はたんぱく質(PPT)主剤のものが主流でしたが、
5%の脂質、細胞膜複合体(CMC)が重要な働きをすることが分かって      きたので。
エレカラクトン 熱の力を利用ダメージの保護髪の補修
ペセリア リピジュア 髪の水分量を改善 ハリ コシの回復
ビタミンC PHを弱酸性に アルカリ除去
■髪の状態 カラー黒染め クセの状態は弱い 毛先がパサ気味
■施術方法 フカサラコース
■前処理 中間 後処理 CMC+T
■塗布方法 根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く
■自然放置45分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。
毛先少しカットです。
■物理的損傷毛と化学的損傷毛では対処タンパク質の種類も違います。
10人いれば10人、施術の方法も液材も違います。
難しい技術ほど、微妙な時間管理と、液材の使いよう、それに感覚です。
剤は使うだけではなく、使いこなしこそ大事

関連記事

  1. 髪のダメージケア2

  2. いよいよ冬が来ます。

  3. 髪が傷みだす温度って

  4. 長持ちさらさら 客様の髪を大切にいたします。

  5. ぬるま湯は気持ちいいよ!

  6. 白髪染めとヘアカラーの違いって?