アルカリ性に傾く!!

アルカリ性に傾く髪を弱酸性の髪に戻す方法
アルカリオフの使い方

毛先が削ぎすぎでパサパサしています。カラーの退色が激しい。クセの状態は強めですが問題ありません。処置の難しさは毛先の梳かれている部分です。今回はフカサラコースで施術いたしました。
シャワーですすいだ後にアルカリオフをつけて3~4分放置します
その後よくすすいでいつも通りのシャンプー
シャンプー後、アルカリオフをつけて3~4分放置
その後よくすすいでトリートメント
どっちのやりかたでも大丈夫です☆
要するにシャンプーの前につけるか、後につけるかの違いなだけです
基本は週1回☆


カラーやパーマ、縮毛矯正後は酸性の戻すことが大切ですそこのこだわり
ます。サロンでカラーやパーマ、縮毛矯正後したときはシャンプー後の
後は1週間に1回くらいの割合で使用して下さい
カラーをしたり、パーマなどの薬剤を使った施術をするとダメージの原因と
なります。カラーやパーマがアルカリ性の性質を持つためです。
もともとが弱酸性である髪は、酸性にはやや強く・アルカリ性に弱いという
性質があるということです
キューティクルは特に影響を受けて、酸性の状況では引き締まり、
アルカリ性の状況では開きます。
ぜひ続けてきましょう
PHコントローのお勧め。店頭にてお聞きください。

参考までにーーーー
疎水化トリートメントはダメージはタンパク質の破壊流失、補給が必要です。
傷んだ髪を補修して髪の質感を変えるための基本になるもの。
ハイダメージの髪には最大の特徴は、
今までにない、毛髪浸透促進剤の働きで非常に浸透に優れ、
各種補修成分が毛髪内部に深く浸透効率よくダメージを修復します。
吸着力と浸透に優れて、より内部補修に効果を!

関連記事

  1. 湿度とは、

  2. 市販のヘアカラーで失敗しない。

  3. 髪の紫外線2

  4. 髪の広がり2

  5. でも傷んだ髪は元には戻りません。

  6. ブラシで頭皮マッサージ