私たちの通信簿

涙のシャンプ―

私たちの通信簿

この出来事からしばらくして、おばあさんはお客様としてお店に来てくださっ
た。わざわざ手土産までお持ちになって、
町田といいます。先日は、どうもありがとうございました。今日は私をきれ
いにしてくださる?
そういって、少し照れくさそうに笑う町田さんは、先日のおびえた表情とは
対照的に、見ているとこちらまで笑顔にしてくれるような表情だった。
ご来店のきっかけは思わぬことからであったが、今日はインパクトにきれい
になりたくてお越しいただいている。
あの日、笑顔で仕事をしていたから、今日、このお客様がここにいる、そう
思うと、いつも以上に頑張ってきれいにしたい。
スタッフは皆同じ気持ちだったと思う。
お孫さんのことをはじめ、お子さんの話し、昔の町田さんの話、犬が嫌いになっ
てしまった話など、たくさんの会話をたのしんだ。
そして、じつは町田さんの目が不自由だという話も。。。。
あの日目の動きだけが気になっていたのだが、ようやく理解出来た。
仕上げの時に、町田さんはお茶目にいってくれた。
文字を読むのに不都合はあるけどね、これだけ綺麗にしてくれたんだから
鏡に映る今日の自分はちゃんとみえているわよ。都合のいい目なの
ところがお会計の際、困った問題が起きた。
私たちは、その日の私たちの仕事ぶり、お店の雰囲気、技術の満足感、それ
らきちんと把握して、」レベルアップすることを目的に毎日すべてのお客様から
アンケートにお答えいただいている。
この活動を一年近く、毎日一人も欠かさずにアンケートを書いていた
だいていた。なかには、またやるの、とか前髪切ってもらっただけでもや
るんだ、といわれるお客様もいらした。

続く

関連記事

  1. 美容という仕事に生きる

  2. 心のビタミン

  3. クリーニング店の老夫婦

  4. 美容に寄り添う人の、人に寄り添う美容

  5. 私の仕事は 幸のおつかい

  6. 魂が求めていた仕事