ストレス解消!ストレスを溜め込まない!!

ストレス解消!ストレスを溜め込まない!!
いろいろなストレス 色々調べてみました。
ストレスと言われて思いつくのはメンタル的な、『いやだなぁ』の感じです
精神面以外にも、自分にとって負荷となっているものにストレスを感じます。
不規則な生活
やバランスの悪い食事、
急激な温度変化や
環境の変化もストレスになるわけです。
また、仕事の中に使っていパソコンの光人間関係と色々な物が原因となっています。
自律神経乱の乱れはストレス原因でしょう。逆に、
自律神経の乱れを整えられると、ストレスも緩和されやすい状態にできます。
自律神経の乱れを整えるためにどうすれば「いいかな」
自律神経の乱れは、交感神経優位の時間が長い場合がほどんどです。
これはストレスだけでなく、心身の疲れにも繋がります。
解消するためには、副交感神経優位の状態を作ることが必要なんですと。では
副交感神経優位には
首や手足を温めるまたお腹を温めるこも大切です。
副交感神経が優位に働いている状態だとリラックス状態になります。その逆で、
温めることでリラックスしようとすると副交感神経が優位になりやすくなります。
ストレッチをする
筋肉などが緊張している状態は交感神経が優位な状態なんです。
ストレッチをすることで緊張をほぐし副交感神経が優位な状態を作りやすくします。
マッサージを受ける
体が緊張により固まってしまっている筋肉をほぐします。
軽い運動を取り入れる
デスクワークの方などずっと同じ姿勢でいると筋肉が固まってしまいます。
これは(運動の準備はできているのに運動をしない状態)。『これから動く』
というような錯覚状態に陥っているため、運動をすることにより筋肉の緊張状態が緩和されます。
運動は軽い有酸素運動などが効果的です。なるべく階段を使うといった方法も効果があります。
携帯、パソコンなどを使わない時間を作る
特に就寝前です。強い光には交感神経を刺激する作用があるため、
副交感神経を優位にさせたい時間などには不向きです。
使用する場合は照度を下げたり、ブルーライトカットグッツを活用
するなどの工夫を取り入れるといいかもしれません。
湯船に浸かる
温度はぬるめで15?30分程度しっかりと浸かることのできる温度が好ましいです。
カラダの緊張を解したり、温まることで副交感神経が優位になりやすくなります。
早寝早起きの習慣に変える
朝日には眠気を断ち切ったり、ストレスを軽減するホルモンを増やす作用があります。
また、太陽光を浴びてから、10?14時間後くらいにメラトニンという睡眠物質が
発生するため、きちんとした睡眠サイクルを作りやすくなります。
ストレス軽減、生活リズムを整える効果があるため、早寝早起きで朝日を浴びることは
自律神経を整えることに効果があります。
趣味を増やす
ストレスの発散法として趣味はとても効果的です。
趣味を多く持つことにより、ストレス解消の場を増やすことができます。夕食は寝る3時間前までに
食事により血糖値の変動がおきます。血糖値が下がると、交感神経が働くた
め夜の状態としては好ましくないです。寝る前までに血糖値のアップダウン
を落ち着かせるためにも食事は早めに済ませましょう。また、
血糖値の上昇が緩やかになるような食事法も効果的です。
ストレス疲れがが溜まったらちょこっとしましょう。何より気分の切り替えが必要になりますから。

関連記事

  1. 「傷んだ髪は治らない」

  2. なぜか綺麗に見えない髪

  3. 縮毛矯正と白髪染が多い!「白髪染め+しっとり・サラサラ」コー…

  4. ボワっと広がりやすい多毛くせ毛に縮毛矯正「サラサラ」コース

  5. 湿気やでスタイルが?

  6. 髪がきしむのは?