縮毛矯正の失敗には大きく分けてふたつある

くせ毛顧客率80%
縮毛矯正の失敗には大きく分けてふたつあるような気がしますそれはこんな感じ
びびり毛 くせが伸びなかった パサパサになった かえって広がったなど経験したことが
特に初めてのサロンでの施術には注意が。
ただし同じサロンでの施術で縮毛矯正を定期的に施術すると多少は有ると思いますが髪は変化します
ご自宅でのお手入れでもビビリ(ホームカラー)パサパサになることもあります。
びびり毛について
びびり毛とは縮毛矯正の失敗のひとつで簡単に言えば
髪の毛が矯正(薬液)での負担(ダメージ)に耐えきれず元々のあるべき形状を維持することが難しくなってしまった状態
技術的にはどんなことが
施術する側の判断ミスが有ります
びびり毛の大部分はサロンサイドの不注意ですこれがほとんどです。
薬剤選択や放置時間その他プロセスの判断によるミスが過度なダメージになります。
縮毛矯正は髪質や元々の髪のダメージによって起こります。
使う薬剤の塗布量、時間なども計算して行う繊細なな技術なのです
アシスタントによる施術
まだ技術が未熟なアシスタントが担当することによっても起こりえます
縮毛矯正の技術はその場その場の判断や毛髪診断能力そして
無駄のない手早く的確な作業が必要な技術で人任せにしないでください。
びびり毛のケア
縮毛矯正の失敗にはこんなことが有ります。
実は普段しているホームケアやサロンケアも大きく関わってきます
しかしその正確な判断の妨げになるのが普段のケアなのです
髪の毛は死滅細胞です。

初めての方 ご紹介の方 2回目以後の方予約について詳しく知りたい
方はこちらをご覧ください。→ https://likuyu.jimdofree.com
■施術コースは・「しっとり・サラサラ」コース
■髪の状態は
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
髪の強度 :★★☆☆☆
施術難易度:★★☆☆☆
塗布方法・3.根元~多目塗布~うっすら白気味手でスルー塗布
放置方法・ラップキャップで自然放置。
放置時間・45分放置

関連記事

  1. 埼玉の日部からのお客様です。

  2. 触れてみたくなるような髪「silk+しっとり・サラサラ」コー…

  3. カラーをする度に髪が綺麗になる!

  4. 美容室のトリートメント

  5. 4.髪の毛を早く乾かす

  6. カラーのダメージの関係!!