クセに悩んでいるけど傷み過ぎて矯正は出来ないと!「サラサラ」コース

クセに悩んでいるけど傷み過ぎて矯正は出来ないと


断れる原因は見た目の痛みこれはスタイリストの考え方によりますが
見た目では判断できない髪が有ります髪は死んだ細胞ですが機能としては生きていますが
髪のダメージ毛もわかりますが髪の弾力が残っていればかけれますよ
縮毛矯正を断られてしまったのはスタイリストの髪の見分け方ですね
髪の履歴は大事なんです。これをお聞きしながら髪に状態を見ます、そこで
大事なのは縮毛矯正をかけれるかかけれないかは髪の弾力次第です。
出来なない髪も有るんです「断る事も勇気」。
出来ないことをそれを出来ると考えるのは「間違え」見極める力です。
髪それは髪の芯を感じる事が出来ればせ施術は可能かもしれません
少しでも薬剤が浸透する部分が残っていれば望みはあります.
この髪は「難しい」です。
ノンクレームという条件のもと頑張ります
ダメージ毛の縮毛矯正は本当に難しいいです。
・できること、できないことの判断
・仕上がりはこのくらいになる伝える事
・悪化してしまうかもしれないデメリットを正確につたえます


お客様に言えたほうがきっとお客様も安心しますでしょう。怖いです読めません
なんでもこなせるようになるのが理想ですけどね!
髪の状態次第で仕上がりの限界が決まってしまいます。
ブリーチや縮毛矯正の失敗などのハイダメージ毛は
どんなに頑張っても60点くらいの仕上がりにしかならないのが正直なところ。
髪に合わせた施術方法ができなかったりすることが有るんです。
髪の状態でできる限界っていうのが決まっているんです。
1度で完璧は難しいんです。すみません。2度3度通っていただくことで徐々に
最高の髪質に持っていくことを心がけています。

今回は「サラサラ」コースで施術いたしました。
★2回目からの予約サイト → https://reserva.be/labote
初めての方 ご紹介の方 予約について詳しく知りたい
方はこちらをご覧ください。→ https://likuyu.jimdofree.com
●縮毛矯正後の注意点 → https://la-bote.com/?p=6679
■髪の状態は・
髪の量  :★★★☆☆
ダメージ :★★★★☆
クセの強さ:★★★☆☆
髪の強度 :★☆☆☆☆
施術難易度:★☆☆☆☆
塗布方法・5.根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く(点々塗布スルー)
放置方法・ラップキャップで自然放置。
放置時間・45分放置

関連記事

  1. こんなことを!!

  2. 抜け毛は7月~が多い。

  3. 集中のみ!!

  4. 髪綺麗

  5. 薬液それは!!

  6. その手、年齢よりも老けて見えるかも