北海亭では、

かけそば 8
……弟は、毎日夕飯のしたくをしています。
それでクラブ活動の途中で帰るので、迷惑をかけていると思います。
今、弟 が『一杯のかけそば』と読み始めたとき……
ぼくは恥ずかしいと思いました。 ……
でも、胸を張って大きな声で読みあげている弟を見ているうちに、
1杯 のかけそばを恥ずかしいと思う、
その心のほうが恥ずかしいことだと思いま した。
あの時……1杯のかけそばを頼んでくれた母の勇気を、
忘れてはいけない と思います。
……兄弟、力を合わせ、母を守っていきます。
……これからも 淳と仲よくして下さい、って言ったんだ」
しんみりと、互いに手を握ったり、笑い転げるようにして
肩を叩きあったり、
昨年までとは、打って変わった楽しげな年越しそばを食べ終え、
3000円を支払い「ごちそうさまでした」
と、深々と頭を下げて出て行く3人を、
主人と女将は1年を締めくくる大きな声で、
「ありがとうございました! どうかよいお年を!」
と送り出した。
また1年が過ぎて――。 北海亭では、
夜の9時過ぎから「予約席」
の札を2番テーブルの上に置い て待ちに待ったが、
あの母子3人は現れなかった。
次の年も、さらに次の年も、
2番テーブルを空けて待ったが、
3人は現れ なかった。

関連記事

  1. 縮毛矯正後のシャンプーは。

  2. 全体にボワーと広がる、お手入れがしにくそうです。

  3. 人間である以上に完璧でにはなれないですよね100%は無いので…

  4. 紫外線怖い!!

  5. コロナで「いつもイライラしている」?

  6. 冬の乾燥も悪くない?