美容室のヘアカラーと市販のカラーの違いは何でしょうか。

■ラ・ボーテのHPからの予約方法はお知らせをご覧ください。                        美容室のヘアカラーと市販のカラーの違いは何でしょうか。
美容師さんの理論からすれば。
ある方は市販ヘアカラーの剤は良くない、
ある方は美容室のカラーの施術は傷みにくいなんて出ています。
美容室のカラー剤は傷まない、
市販のカラーは傷むなんて事言いたいのですが・・。
今は美容室のからー市販のカラーほとんど同じようなものです。
成分の中に色々トリートメント成分など配合されているでしょうし、いいものがあるかも。
成分的にそれぞれのそれなりの違いはあります。
しかし考えてみますと。
お薬の中のブリーチ度合いに応じて髪は傷むこれが全てです。
美容室でやっても不必要なブリーチ起こしていちゃ傷むでしょう。
白髪染だからブリーチしていないと思っている方がいますが
白髪染でもおしゃれ染、それってブリーチ剤が入っています。
違いは技術的なものと知識力です。
技術的には根元と毛先の塗り分けですが(根元毛先、完全に薬品を変える方法)
市販の泡カラーですが根元も毛先も一緒に泡で包んでしまいますがこれを毎回
続けると100%傷みます。
傷んだ部分はカットすればと考えますが?
では美容室の薬剤を買って使えば傷まないいいえ違います。
薬剤それを使いこなす知識と技術がなければです。
美容室でやったとしても知識がない人が施術をすれば痛むかもしれない
それくらいなら自分でやったほうが良いなんて事もあります。
技術と言っても根元をきちんと塗る技術ですが自分でできますか。
信頼できる美容師の巡り合う事が大切ですね。

■髪の状態 カラー毛 毛先の乾燥が目立ちます。アイロンでのい枝毛のたくさんあります。
■施術方法 フカサラコース
■前処理 中間 後処理 CMC+T塗布 根元から毛先CMC多め
■塗布方法 根元~多目塗布 毛先中心のうっすら白気味手でスルー塗布
■自然放置 45分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。
■物理的損傷毛と化学的損傷毛では対処タンパク質の種類も違います。
10人いれば10人、施術の方法も液材も違います。
難しい技術ほど、微妙な時間管理と、液材の使いよう、それに感覚です。
剤は使うだけではなく、使いこなしこそ大事

クセが伸びないのは薬が原因では?
ヱブリーの2液を塗布するまでは今回は良いかもと思っても
中間水洗後、ドライした時はクセはけっこう残っていることが有ると思います。
1液の反応は充分に感じてもそれは捻転がきついとか
波状が小さいとかで 撥水毛な感じとが有ります。

関連記事

  1. 寝ている間に頭皮が傷つくことも。

  2. カラーとヱブリーの相性 2 

  3. 乾燥やフケが気になったら。

  4. 摩擦が髪に悪い。

  5. 傷んだ髪は自然乾燥は絶対いけません。

  6. 白髪染めとヘアカラーの違いって?