髪をケアする方法とはどんな事が。

髪が綺麗になることを諦めていませんか?
髪をケアする方法とはどんな事が。
優しいシャンプーで頭皮マッサージ
シャンプー前のブラッシングもしっかりとして下さい。
髪はたっぷりと濡らしますと髪の汚れは70%ぐらい落ちますのでその後
シャンプーをしっかり泡立ててください。
髪の毛どうしの摩擦を減らすようにキューティクルを思いやりつつ洗ってください。頭皮のマッサージ効果もあります。
お湯の温度も大事になります。
熱すぎると最低限の皮脂まで落としすぎてしまいます。
乾燥状態を招くばかりか、頭皮が硬くなるなど注意が要ります。
お湯の温度はすこしぬるめの38℃前後のシャワーに設定します。
夏場のドライャーは暑く大変ですが自然乾燥はいけません。
30分以内には乾かしてください。
生乾きの状態が続くと髪ににおいが付いたり、
髪全体の乾き具合に差が出てしまい変なクセが出ることも…。
髪が濡れたまま寝るなんていけませんよ。
こんなドライャーの使い方があります。
今回は「しっとり・サラサラ-」コースで施術いたしました。
■髪の状態は・
髪の量  :★★☆☆☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
施術難易度:★★★★☆

「しっとり・サラサラ-」コース

関連記事

  1. 髪の中には良いものも悪いものも存在あします。「しっとり・サラ…

  2. 睡眠はキレイの源 1

  3. 原因はダメージではなく。くせ毛

  4. 加齢の薄毛を防ぐ

  5. 最近は。60歳近い方まで矯正に来られていますが

  6. 白髪染めは