ビビり毛は直らない。

 

 

ビビり毛は直らない。

ビビリができるぐらい傷んでしまうと、完全回復は無理
ビビリ毛という傷みが完全に治る事はないと思いますが、補修を続けるとかなり良い状態になる事は、当たり前のようにあります。
コンディションが良くなり、目立たなくなると言う事です。
疑似タンパク質CMC等で内部充填する事で、疑似健康毛に近づける事は可能です。手入れ状況次第ではほとんどわからない状態にまでなる事もあります。
縮毛矯正は、美容技術の中でも、大変難しく
非常にダメージリスクの高い種目の縮毛矯正です。

髪の知識

ヘアサイクルとは毛周期。髪は成長・退行・休止で成り立っています。
髪をロングヘアーのように長く長く伸ばしていくとどうなるか。
ある程度の長さになったら伸びにくくなります。
髪の毛の一本一本が途中で切れたり自然に抜けたりするためです。
それにより髪は理論上ある程度の長さ以上は伸びないようです。
このなかで自然に抜ける髪の毛だけでも1日平均約100本ほどといいますが
ヘアサイクルで抜けた髪のは新しい髪の毛が再び生えて伸びてきています。
ヘアサイクルとは。
ヘアサイクル(毛周期)
成長期 早期には
中期、後期と有ります。
次に
退行期と休止期があります。

ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクルは毛周期で体に生えている毛髪すべてが持っているサイクルです。

体が新陳代謝という古い細胞が新しい細胞に次々と入れ替わるようになり。
髪や毛にもいったん古い毛髪が抜けて、新しい毛髪が生えてくるという入れ替わりのサイクルがあります。
髪の毛はずっと生え続けるということではなく自然に抜け落ちるのです。
髪の毛の寿命です。
ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期があり。
休止期の後には再び成長期へ戻るというサイクルを繰り返しています。

■髪の状態  毛先が傷んで先細 カラーの退色が激しい
■施術方法  フカサラコース
■前処理 中間 後処理 CMC+T
■塗布方法 根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く(点々塗布スルー)
■自然放置 45分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。
毛先少しカットです。
■物理的損傷毛と化学的損傷毛では対処タンパク質の種類も違います。
10人いれば10人、施術の方法も液材も違います。
難しい技術ほど、微妙な時間管理と、液材の使いよう、それに感覚です。
剤は使うだけではなく、使いこなしこそ大事

関連記事

  1. くせ毛のタイプは千差万別色々な髪質本当にバラバラです。

  2. 矯正後髪の洗い方

  3. 癖が強い髪の縮毛矯正は難しい???「サラサラ」コース

  4. R)ブログを書く意味。想い。「サラサラ」コース

  5. 防水のバンドエイド使ったことあります!?

  6. 長持ちさらさら 客様の髪を大切にいたします。