今月はCMCBの使い方

今月はCMCBの使い方

来月は普通の施術の方法

■ヱブリー矯正剤

■ヱブリー全処理剤(各種)内部補修処理導入剤
■ヱブリー矯正剤 ・CMC1・ CMCバランス
■ヱブトリートメント・リカバリートリートメント・リペアA B・エブリーミスト
CMCPタンパク質・水分・油分のバランスに戻すトリートメント
ダメージの補修効果のトリートメント
ミストの効果 毛髪を修復,ツヤサラ,強度回復効果,保水効果
極小ナノサイズのトリートメントでシットリ感が出ます。
傷んでトロ気味の髪にハリをもたす濃縮トリートメント
CMCベース 今までのケア剤はたんぱく質(PPT)主剤のものが主流でしたが、
5%の脂質、細胞膜複合体(CMC)が重要な働きをする様です。
エレカラクトン 熱の力を利用ダメージの保護髪の補修
ペセリア リピジュア 髪の水分量を改善 ハリ コシの回復
ビタミンC PHを弱酸性に アルカリ除去

エブリー縮毛矯正が進化いたします。
CMCP CMCPの施術で手触り感しなやかさ、艶が抜群に進化いたしました。

カウンセリングは必ずして下さい特に毛先部分。
毛先中心に施術をして下さい。
薬剤を使いこなすクセ・ダメージ髪の状態にあった薬剤を適切に塗布。
■今の髪の状態はどうなのかを見極め切れる事
また髪に合った薬剤塗布量を確実に塗布できるか事が。
ヱブリーの薬剤を塗布して、その還元軟化と髪の効き具合状態を確認します。
これだけで放置時間が・・・・・。
薬剤の不足状態も、オーバー状態も判断できるように。
そのためのテスト方法が有ります。

1.プレシャンプー
2.CMCP原液4プッシュ サラサラ感がアップ保湿効果があります
3.CMCB全体に塗布毛先ダメージに合わせ多目に塗布
普通毛 塗布量で調節します(新生部カラー無し部分はCMCBを原液塗布)
カラー・ダメージ CMCBを原液塗布
コーミングしながら定着させます。
ドライヤ― ドライ 少し乾くほど1~2分 強いクセは多少の違いがあります。
注意 ドライが少ないとツヤが出ますが重い感じになります。
1~2割がたドライがサラサラ感が出るようです。
4.1剤に10~20%混ぜる
トリ―トメント10%~15%混ぜる(サラサラ、しなやかさのコントロール)
ツヤには
サラサラ感 CMC
しっとり感 CMC EVEREトリートメント
フカサラ感 CMC EVEREトリートメント CMCP
(リペアA/Bは中間 後処理にお使いください。)
5.塗布&軟化 加温する場合は・・・。
塗布の目安・・・・・7例塗布方法がありますが次回に。
6.お流し タオルドライ
7. CMCP原液4プッシュ(サラサラ感がアップ)保湿効果があります
CMCB全体に塗布ダメージに合わせ毛先多目に塗布
8.ドライ アイロン 5ミリスライス
9.2剤 20-30%混ぜる
10.プレーンリンス
(リペアA/Bは中間 後処理にお使いください。)
11.タオルドライ後2倍AWを全体塗布
CMCpミスト後2倍4プッシュ保湿効果があります
(リペアA/Bは中間 後処理にお使いください。)
12.完全ブロー

■髪の状態  白髪染め パサパサ毛 毛先がガサガサです
■施術方法   フカサラコース
■前処理 中間 後処理 VMCB CMCP+T
■塗布方法 根元~ポーラスやビビリ~やっと付いているくらい薄く(点々塗布スルー)
■自然放置 35分 加温10分 自然放置 25分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。
毛先少しカットです。
■物理的損傷毛と化学的損傷毛では対処タンパク質の種類も違います。
10人いれば10人、施術の方法も液材も違います。
難しい技術ほど、微妙な時間管理と、液材の使いよう、それに感覚です。
剤は使うだけではなく、使いこなしこそ大事

 

関連記事

  1. ダメージ毛2

  2. 髪質を改善しながらの縮毛矯正

  3. ブリーチしたグラデーションカラーに弱酸性縮毛矯正

  4. いつでもマッサージ☆

  5. 加湿って花粉対策に。

  6. 頭皮マッサージで髪で健康髪に。