乾燥した冬は静電気が発生しやすいんです。

■空き情報 予約方法などはラボーテのHPのお知らせをご覧ください。お電話でご予約お願いします。
ラ・ボーテのネットからの予約ですがお時間が前後する場合があります。ご理解ください。
★お電話での予約が優先のためネット予約がキャンセルする場合があります。                 乾燥した冬は静電気が発生しやすいんです。
静電気が冬に起こりやすいのはなぜでしょうか。
静電気は、水分を通じて空気中に放電されます。
湿度が高い状態では、静電気は発生しにくく、空気が乾燥している冬は、空気中に放電されずに静電気が発生するというわけです。
ブラシでとかすと髪が広がったり、ドアノブに触れるとバチッと火花が散ったりするのは、乾燥した冬に多くみられます。
静電気が招く、髪と頭皮への悪い事
静電気が起きるとこんなことが、髪表面のキューティクルがはがれやすくなり、ダメージヘアが進んでしまうことがあります。
キューティクルがはがれた部分からは、髪内部のタンパク質や水分が流出し、パサつきがひどくなって、髪がまとまらない原因にもつなります。
髪が健康な状態では、髪の内部に約12~13%の水分が保持されています。
毛先のほうが頭皮近くより水分は少ないため静電気が起きやすく、毛先がこすれたり、もつれたり、からんだりします。
切れ毛や折れ毛につながり、さらなる髪のダメージにつながります。
静電気は、頭皮にも悪影響を及ぼします
。乾燥して帯電した頭皮は、チリやほこりを寄せ付けてしまいます。チリやほこりには多種多様の病原菌が付着していることがあり、これらが頭皮につくことで、頭皮のかゆみを引き起こしたり、乾燥してはがれた頭皮の表面から内部へ病原菌が入り込んだりし、頭皮トラブルを引き起こすこともあります。

   こんな方はストレート矯正がおすすめ
●多い髪でまとまらない
●お手入れをしているのに髪がまとまらない
●クセはないがボサボサかみを何とかしたい
●全体にパサ付きのある髪をしなやかにしたい。
●ストレートで傷みのないサラサラヘアーにしたい
●少しのクセ毛を自然にまとまるヘアースタイルにしたい
●いつもキレイでツヤのある髪でいたい                   髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。
■ハイダメージ・ポーラス毛は(内部補修・保湿剤CMC塗布後ドライ)後クレンジングシャンプー
■髪の状態 乾燥毛 毛先がアイロンの痛みでカサカサです。アイロンはほどほどに。
■施術方法 しっとりコース
■前処理 炭酸泉で素髪の状態にします。
毛先はCMC+エブトリでダメージの補修保護
中間CMCB アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 CMC(PHの調整、残臭除去)
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
サラサラコース(CMCバランス塗布 毛先CMCバランス+エブトリ塗布)
保湿効果のあるCMCPベース塗布(アイロン・仕上げ時)
■毛先部分 CMCバランス+エブリー(10%塗布)
根元   CMCベース+エブリー(エブT20%)
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。
■放置時間 自然放置55分
■仕上がり しっとり感がが出ました。保湿効果のあるCMCPベース塗布仕上げ

失敗は何故こうなるのか?仮説を考えることから始まります。

関連記事

  1. 縮毛矯正後のシャンプータイミングはいつ?

  2. ハイトーン毛に縮毛矯正

  3. 1年後の髪が綺麗になる事「縮毛矯正+カラー・しっとり・さらさ…

  4. 髪にダメージを受けやすい夏のヘアケアは。

  5. 1日1分間だけで小顔になれる

  6. 湿度調節。