縮毛矯正はどのくらいの期間でしたらいい。

縮毛矯正はどのくらいの期間。

矯正かけてから、次かけるのは、どれくらい置いたほうが良いですか。
縮毛矯正でもカラーでも同じ事ですが
髪を傷めない為にはできるだけ期間は空けたほうが良いと思います。
でも1度傷んだ髪は、いくら時間をおいても本質的な傷みは変わりません。

手入れが悪いとさらに傷みが進行しているかもしれません
双方とも期間をあけたから大丈夫という事にはならないのです。
傷みダメージ毛はできる限り、縮毛矯正、カラーなどの薬剤は使わない事。
技法としては、リタッチ法(根元のみ)が良いと思います。
期間は3か月後でも良いです。6か月でも1年でも
薬品を付ける箇所が、2センチなのか6センチなのかの違いです。
根元のみなら期間は関係ない。
過去に傷ませた所まで施術するなら、半年後でも1年後でも、危ないという事。
時間が経過しているから大丈夫という事は全くないのです。施術は注意が。
ハイライトにすると、その箇所は極端に毛髪強度が低下しています。
コレは時間とは関係なく、明るい部分は髪が伸びて取れるまで、弱ったままです、1年たったから大丈夫と言う事にはなりません御注意ください。。
一度傷んだ髪は直らないと言う事です。
矯正、カラーする時は十分な注意が必要ですね。今後とも縮毛矯正するようでしたら、出来うる限りハイブリーチ等は控えた方が良いかと思います。縮毛矯正はリタッチが基本
縮毛矯正は美容室メニューの中でもダメージが気になりますが
でも縮毛矯正技術もはるかに進化しています。以前よりかなり軽減
しています。
綺麗な髪の毛を維持するためには何度も言うように髪の毛は死滅細胞
で痛んだらトリートメントをしたからといって
髪の毛が治らないということです。髪は死んだ細胞なのです。
トリートメントすれば綺麗になるというのはちょっと違うかな
毎回毛先までの矯正は危険かも
縮毛矯正しているひとからすればいつも毛先まで綺麗にと思いますが
ケースバイケースというところでしょう。
基本的には根元のくせ毛部分だけは縮毛矯正をかけるという
リタッチ技術がいいでしょう。
縮毛矯正の性質を理解しなけれは
縮毛矯正というのは基本的に一度かけたところは永久的にストレート
なので基本的には縮毛矯正は伸びてきた 根元のくせ毛部分のみの
施術で十分ですが毛先の状態によっても変わります。毛先中心の施術で
クセが出て来てしまっている場合や前回の矯正で伸ばしきれてない場合のみ
その部分だけコントロールしながらする場合もあります
ダメージを最小限にヘアケアとは痛めないこと
くせ毛は乾燥していて痛んで見えがち
そんな欠点をカバーしてくれるのも縮毛矯正の大きなメリット!

関連記事

  1. パサパサ髪には潤いを。

  2. 肌のことを知ろう!表皮とは2「サラサラ」コース

  3. 7月よりラボーテから雑誌がなくなります。

  4. 矯正で失敗しないために注意したい事は。

  5. 頭皮の汗でカユミが。「リタッチカラー+しっとり・サラサラ-」…

  6. 朝の髪のお手入れがもの凄くラクになる。